Category: 30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 第7話

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 第7話 内容:童貞のまま30歳を迎えた安達は触れた人の心が読める魔法を使えるようになってしまった。ある日、イケメン同期・黒沢の心を読んでしまうと安達への恋心でいっぱいで――!?安達は、黒沢に魔法の力のことを隠したまま付き合い続けるべきか迷っていた。そんな中会社で健康グッズのモニター会を開くことになり、柘植と湊もモニターとして参加することに。心の声による会話でお互いに恋愛相談をし合う安達と柘植だが、その様子を誤解した黒沢は嫉妬心をあらわにする。

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 第6話

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 第6話 内容:童貞のまま30歳を迎えた安達は触れた人の心が読める魔法を使えるようになってしまった。ある日、イケメン同期・黒沢の心を読んでしまうと安達への恋心でいっぱいで――!?黒沢からの突然の告白にどうしていいかわからない安達だったが、翌日出社すると黒沢は出張で不在だった。何度も思い悩み、やはり黒沢とはこれまで通りの関係でいようと思う安達。だが、脳裏に浮かぶのは黒沢のことばかりだ。一方、柘植は自身の執筆した恋愛小説のキャラクターが湊に似通っていることに気付き、自分の気持ちに悩む日々を送っていた。

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 第5話

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 第5話 内容:童貞のまま30歳を迎えた安達は触れた人の心が読める魔法を使えるようになってしまった。ある日、イケメン同期・黒沢の心を読んでしまうと安達への恋心でいっぱいで――!?

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 第4話

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 第4話 内容:童貞のまま30歳を迎えた安達は触れた人の心が読める魔法を使えるようになってしまった。ある日、イケメン同期・黒沢の心を読んでしまうと安達への恋心でいっぱいで――!? 恋愛小説家の柘植は、30歳の誕生日を迎えて安達と同じ魔法が使えるようになった。宅配便配達員の湊の心の声が聞こえて、彼のことが気にかかり始める。一方風邪を引いて寝込んでしまった安達は、先日見かけた黒沢と元カノらしき女性の姿が頭から離れないでいた。そんな中黒沢が安達の体調を心配し、安達のアパートまで見舞いに訪れる。

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 第3話

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 第3話 内容:童貞のまま30歳を迎えた安達は触れた人の心が読める魔法を使えるようになってしまった。ある日、イケメン同期・黒沢の心を読んでしまうと安達への恋心でいっぱいで――!?

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 第2話

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 第2話 内容:童貞のまま30歳を迎えた安達は触れた人の心が読める魔法を使えるようになってしまった。ある日、イケメン同期・黒沢の心を読んでしまうと安達への恋心でいっぱいで――!?

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 第1話

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 第1話 内容:童貞のまま30歳を迎えた安達は触れた人の心が読める魔法を使えるようになってしまった。ある日、イケメン同期・黒沢の心を読んでしまうと安達への恋心でいっぱいで――!?童貞のまま30歳になった安達は、「触れた相手の心が読める」という魔法を使えるようになった。その力で偶然同僚の黒沢から好意を持たれていると知り、「イケメンで超ハイスペックな黒沢が、なぜ目立たなくて普通な俺なんかを!?」と驚く安達。初めて向けられる他人からの好意に戸惑いを隠せずにいたある日、終電に乗り損ねた安達は、黒沢の自宅に泊まることになる。